【問題解決】家のネットをポケットWiFi(モバイルルーター)に変えたらChromecastの接続ができなくなった。

移住先の新居では据え置きの光Wifiルーターではなく、持ち運びできるポケットWifiルーターに変更したら Chromecastに接続できなくなり何度やってもエラーが出て壊れたのかと思ったけど、ルーター側の設定を一部変更したら、解消されたので回避方法をご紹介します。ちなみにわたしが利用している端末はSoftBank602HW(縛りなしWifiを利用中)です。

記事をサクッと見る

YAHOO知恵袋にてヒントを発見!

どうやら“プライバシーセパレーター機能”とゆう機能が働いてVとの接続を邪魔しすることによってエラーが頻発してTVに画面表示されない問題が起きていた。ルーターの機種によっては違う名称の場合がございます。 “APアイソレーション”だったり呼び名は様々ですが、サパレーター等々“分離”を表す名称が多いようなので参考までに。

プライバシーセパレーター機能は、無線商品に同時に無線接続している端末同士のアクセスを禁止する機能です。共有フォルダーなどへのアクセスを防ぐことができるため、利用者のセキュリティー保護をすることができます。無線LAN親機を店舗に設置したりFREESPOTで使用する場合は、プライバシーセパレーター機能を使用することをお勧めします。BUFFALOサイトより

対処方法

  1. ルーターの本体設定から“高度な設定”を選択してPCやスマホから詳細の設定を行います。
  2. メニューリスト → 設定 → 基本設定 → プライバシーセパレーターをOFF

上記設定で問題なくエラーが解消され、Chromecastが接続できました。
※AmebaTVやYoutubeは大量にデータ通信するため7GB制限の場合、秒で上限まで達するので無制限の契約になってる方が前提の設定変更ですのでご注意ください。 

エンジョイ動画ライフ◎

ONE LOVE

シェアしてくれたら喜びます!
記事をサクッと見る
閉じる