雄飛滝|マグマが固まって出来た柱状節理を観察しながら滝を見よう!

修善寺温泉周辺観光

伊豆市堀切にある『雄飛滝(ゆうひだき)』は柱状節理の間から流れる滝が特徴で、落差は30mほどで小さいですがなかなか迫力があります◎

あまり目立たないマニアックなスポットなので人もおらず、草もボーボーなのでそこもまた良き。

柱状節理とは、岩体に入っている柱状の割れ目です。火山のマグマが冷却して固結する際に収縮して生じたもの。
スポンサーリンク

雄飛滝(ゆうひだき)ってどんなところ?

入ってスグのところは、すってんころりん滝まで落ちないように手すりがしっかりサポート。

勾配がきつい坂道なのでジグザグと上から下に歩いて行くですが、草がだいぶ育ってたのでかき分けて入る♪

少し歩くと滝がチラリと見えるのだ。あとちょっと!

下から見るとこんな感じで歩いて3分くらいですかね~滝までは。

晴れの日が続いたので、水流は弱く優しい感じの滝が流れるが柱状節理をしっかり確認することができるので滝マニアにはたまらんはず。

上段が落差20mで下段が10mとのデータがありました!

アクセス・駐車場

住所〒410-2418 静岡県伊豆市堀切
アクセス大仁駅から徒歩60分
駐車場なし(雄飛滝の入り口前に小さい車であれば一台なんとか停められるのと、大仁方面から来た場合は入り口を過ぎて10mくらい進むと1台くらい駐車できるスペースあり)

分かりづらいのでスルーしないように気をつけて。

まとめ

歩いて行くと大仁駅から60分ほどで少し歩きますが見ごたえあり◎車で行く方は子育地蔵尊とセットで見るのがおすすめです。

▽こちらの記事もおすすめ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました