MENU

草画房|下田ペリーロードにある築100年の古民家ギャラリーカフェ

2020 5/12
草画房|下田ペリーロードにある築100年の古民家ギャラリーカフェ

ペリーロード(下田市三丁目)にある『草画房(そうがぼう)』は、大正時代に作られた古民家でギャラリーとカフェが併設されたお店。

川崎から家族が伊豆へ遊びにきてた際に、下田観光でたまたまふら〜っと入った店でとっても素敵でした◎

記事をサクッと見る

草画房(そうがぼう)ってどんなお店?

ペリーロードの川を挟んだところにあるお店で、左手の石造り建物がお店です。

店内からの眺めが最高。ギャラリーも兼ねた店舗なので後ろの棚には器がちょこんと並ぶ。

土間と住居スペースの空間を上手に利用しており、全体的になんだか懐かしく想える雰囲気が非常に心地良い。

橋のたもとにあるタバコ屋さんからいただいたという、カウンターが昭和レトロな感じを助長させる◎

ここにも器が。違和感なく溶け込んで良き

草画房の器
金沢東風窯の職人さんによる、ロクロ形成したものに全てひとつひとつ手にとって手書で書いて来ます。貴方の暮らしをたのしく豊かに彩るものになります様に願っております。

出典:草画房 店主 竹沢尚生

古民家の2階がアトリエとなっており創作活動をしつつ、週末はカフェの営業をしているのです。オーナーさんも気さくないい人でお店のことを色々お話してくれました♪

“花・書・器” にフォーカスした作品が多く、いくつか書籍もだしてます。

[rakuten no=”4528189304475″ kw=”花と墨のある暮らしー古民家・花・書・器とともに (竹沢 尚生 )”]

猫ちゃんと器が店前で出迎えてくれます。

こちらも作品でしょうか。

お座敷も広いのでゆっくりティータイムを楽しめることができるので、マダムが仲間たちとゆっくりやってました。

なんと、お庭もあっていい感じに。

金魚がエサタイムと勘違いしてたくさん寄ってくる。パクパク

以前まで池には藻がたくさんついていたようですが、数年前からカニが現れて藻が全部食べられてしまったそう。そして温かい時期が過ぎると彼らは姿を消すのであった。

営業情報・アクセス・駐車場

店名 草画房(そうがぼう)
住所 〒415-0023 静岡県下田市三丁目14−6
アクセス 伊豆急下田駅から徒歩12分
電話番号 0558-27-1123
営業情報 11:00~17:00 土日祝のみ営業
定休日 平日、不定休のため要確認
駐車場 なし(近くにコインパーキングあり)
公式情報 HP

メニュー

MENU

コーヒー 500円
アイスコーヒー 550円
カフェオーレ 550円
アイスカフェオーレ 600円
紅茶 500円
アイスティ 550円
カプチーノ 650円
アイスカプチーノ 700円
マンゴジュース 700円
オレンジジュース 500円
うめジュース 650円
抹茶 750円
アイス抹茶フロート 750円
梅ビール・ビール 650円
手作りのチーズケーキ 450円

※20191027訪問時

うめジュース

うめジュース 650円

ソルティードックの様に、グラスの縁には甘さ控えめな砂糖が散りばめられている。

お庭で取れた梅の自家製ジュースは、黒糖とキビでスッキリとした仕上がりで良き

抹茶

抹茶 750円

抹茶はようかんとセットになっており、母が美味しそうにゆっくり楽しんでいた◎

アイスカフェオーレ

アイスカフェオーレ 600円

甥っ子はアイスカフェオーレをオーダー。レトロな店内に終始感動して声を上げていた。良き

まとめ

こだわりの器など、ギャラリーと共に古民家でゆっくりとした時間を過ごしながら素敵なティータイムがおくれる『草画房(そうがぼう)』。

下田での休憩はコチラがおすすめです♪

▼あわせて読みたい近くのランチ

あわせて読みたい
なかがわ|下田の魚料理専門店でネタぎっしりのちらし丼をいただく!
なかがわ|下田の魚料理専門店でネタぎっしりのちらし丼をいただく!下田市一丁目にある老舗魚料理店『なかがわ』 。移住前に勤めていた会社の仲良かった同僚が伊豆へ遊びに来てくれたので、南伊豆の下田へ観光に行った際のランチが美味し...
あわせて読みたい
回転寿司 魚どんや|下田魚市場に水揚げされた金目鯛を道の駅で!
回転寿司 魚どんや|下田魚市場に水揚げされた金目鯛を道の駅で!吉永小百合に影響されて龍宮窟に行ってきたのだが、す〜っごく良かった◎自然の力すごし。下田に訪れた際はマストで行ったほうがいい。車がなくても伊豆急下田駅からタク...
記事をサクッと見る
閉じる