伊豆旅行の宿に『伊豆長岡温泉』をおすすめする理由

情報発信とは|SNSではなくわたしがブログを選ぶ理由。

移住生活

どうもオヤマックスです(@oyamax72)。

もしもわたしがインフルエンサーでinstagramのフォロワーが50,000人とかいたらSNSを利用して情報発信を行いますが、悲しいかな数百人程度なのでそのアプローチは積極的に行ってません。しょぼん

結論から言うと、ブログの方が発信している情報を多くの人に知ってもらう可能性が高いからです

SNSが良くないという話ではなく、それぞれ情報伝達が異なるという話。

みんな違ってみんないい♪

SNSを利用しての発信とは

SNSはリーチする対象がすでに“あなたのことを知っている”もしくは“あなたのことに興味がある”フォロワーへ向けて最大限に効果を発揮します。

SNSの強みは簡単に鮮度の高い情報が拡散出来ることです。

しかし、情報の流れが一方通行なので新しいものをバンバン投稿しないと情報が埋もれてきます

他人の過去投稿を見る例外もありますが。

ブログを利用しての発信とは

ブログはリーチする対象が “ネットで情報収集している人すべて”です

例を挙げると『三島スカイウォーク 割引』とGoogle検索した際に、わたしのブログが上から3~5番目位に表示されます。

三島スカイウォーク』のみ検索だと三島スカイウォーク公式HPや、じゃらん等の大手企業にはSEOで勝つことが難しくキーワードを外して検索上位になるように狙ってます。

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。 検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

出典:SEO HACK

伊豆の国市地域おこし協力隊なのになぜ三島スカイウォークの記事を書くのかと言うと、三島市周辺情報を収集している観光客は、伊豆の国市の観光地や食事も視野に入れてると考えがあるためです

検索される間口を広げて、伊豆の国市の情報を拾ってもらえるような仕組みをブログ内で作ってます。

話は少しずれますが、わたしは移住前はインターネット関連事業のサービスを行ってる企業で飲食店向けの広告営業マンをしていました。

飲食店ビジネスはちょ~レッドオーシャンで開業後1~2年以内の倒産率が4割弱と言われており、オープン後わずか数ヶ月で閉店しているケースを数えきれないくらい見てきました。

▽ 新規オープン後の閉店データ

出典:居抜き情報.com

しかし、伊豆に移住すると10年以上営業している店がたくさんでおったまげた!ここは楽園か
※もちろん都内のビジネスモデルとは異なるがそれでもすごいこと。

野球会のレジェンド・イチロー級の店が星の数ほどある♪

話を戻すと、食べ歩きをしているとほんとに美味しいお店が多いのにネット上に情報が少ないので、わたしのブログを通じて“美味しいを探してる人”と“美味しいを提供している人”を繋げたいという想いがあります。

今後はもっとブログをパワーアップさせて様々な情報×情報を繋げていければと頭の中にお花畑が出来ている。

正直言うとブログでマネタイズ出来ればよいが、ブログは全然稼げない◎震えるくらい。涙

アセラズクサラズアキラメズ

HANSHARO BEER STANDで良き出会いが

先日、HANSHARO BEER STANDで伊豆長岡温泉『はなぶさ旅館』の光宏さん(@hanabusamitsu )と少しお話する機会があり、ブログいい話が聞けた。(ブロいい話)

宿泊者(特に女性が多い)が自分のブログを見て予約してくるケースが多々あるよ!とのことでやはし発信大事◎

▽予約につながるまでのユーザー行動

  1. ネットで“伊豆長岡温泉 旅館”と検索
  2. 楽天トラベル・じゃらん大手旅行サイトに流入
  3. はなぶさ旅館が気になる
  4. ネットで“はなぶさ旅館 ブログ”で検索して情報収集
  5. 光宏さんのブログを見て“泊まってみたい”と心が揺らぐ
  6. 予約(ゴール)

フェーズ4でユーザーの心を揺さぶる情報がネットにないと離脱して他の宿に流れてしまうが、5をしっかりキャッチアップすることで取りこぼしを防いでるようです◎あっぱれ

▽要チェック!!

出典: 伊豆長岡温泉 富嶽はなぶさ 公式HP

2019年6月、「陶芸の宿はなぶさ」は移転リニューアルオープンし、「伊豆長岡温泉 富嶽はなぶさ」として生まれ変わります!

 

まとめ

このブログを通じて知りたい情報×知ってもらいたい情報を繋ぐ世界になれば良き良き。

PV数(ページビュー数)も前月比率1.5倍くらいで成長してるから頑張るぞ♪

SNSとブログやるのが一番いいのだがwwwまずはブログやりきる!

▽こちらの記事もおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました